brown hair girl are worry

capsules

セックスで感染する性病

全ての性病はセックスによって感染がおこると言われています。厳密に言うと、粘膜の接触によって感染するので、男性同士のセックスでもコンドームは必須だといえます。特にクラミジアのように症状が乏しいものに気を付けましょう。

rational use of medicine is good for health

どの性病も危険

みなさまは性病についてどれくらい知識を持っていますか?多くの方が性病といえばエイズというイメージで、他の性病については名前を知っている程度というくらいかと思います。
しかし、近年の日本の性病事情を見ていると、それではあまりに危機感が欠如しているといわざるを得ません。
今の日本には性病に感染してしまっている方がかなり多くいます。厚生労働省が行っている性病患者数の調査によると、最新の平成27年度分で約5万人もの人が性病に感染しているとされています。
ただ、これは特定の病院に来院した人のみなので、実際はさらに多く、この5倍の25万人は存在すると考えられています。
この数字の大きさに驚いた方も多いと思いますが、実はこれでも減少傾向にあります。特にクラミジアに関してはピーク時の半数程度に減ってはいますが、これ以上減らすためには一人一人が性病予防を意識する必要があります。

ここまで性病の感染者数が多くなっているのは、性病に対する知識が足りないことが関係しています。
性感染症の種類は、エイズ以外にもクラミジア、ヘルペス、淋病、膣トリコモナス症など、恐ろしい性病はたくさんありますが、実際に各病気の症状や、治療方法について知らないという方はかなり多いです。
目立った症状が発生しないので、緊急性が低いと考えられがちなクラミジアに関しても、放置しておくことによって重大な健康被害が出てきますので、必ず予防できるようにしておきましょう。
性病を予防するために必要なのは、各病気の種類と、その感染経路を把握しておくことです。
当サイトでは性病の種類を感染経路ごとに紹介していきます。思わぬところで移ってしまう可能性もあるので、しっかり感染経路を確認し、確実に予防を行いましょう。

クラミジアの原因や症状についてはコチラ

worry

思わぬところで感染する性病

性病の種類の中には、思わぬところで感染するものもあります。感染力の強いヘルペスや、膣トリコモナス症には十分気を付けましょう。他にもクラミジアがキスで感染することもあるので、性病にかかっている人との接触には注意しましょう。

work pressure

検査の重要性

性病の種類の中には、クラミジアのように症状が出にくいものも多いので、しっかり検査を行って予防に努める必要があります。検査キットはネットでも購入可能なので、有効に活用しましょう。