思わぬところで感染する性病

worry

性病は性器の接触によって感染する病気なので、挿入時だけ気を付けておけば大丈夫だという方も多いのですが、それは大きな誤りです。
性病の種類によっては、挿入を行わなくても様々な原因で感染が生じる可能性があることを覚えておきましょう。
最も注意していただきたいのは、咽頭から性器への感染です。性病の中には、咽頭への感染が生じるものがあります。
代表的なものでいうと、淋病などが咽頭感染する性病に分類されます。咽頭が淋病に侵されている状態だと、オーラルセックスで相手の性器に移してしまう可能性が高いです。
また、咽頭への感染ではありませんが、唇にヘルペスがある場合には、それがオーラルセックス時に性器に移ることもあります。
人体の粘膜とは性器だけではなく、口腔内も粘膜なので、性器との間に粘膜感染が起こる可能性があります。この事から、オーラルセックスの際にもコンドームを着用する方がいいと言えるでしょう。

性病の病原菌は通常の環境では生きることができず、粘膜から離れるとすぐに死んでしまうものが多いです。
ただ、病原菌の中にはかなり丈夫なものも存在しており、その場合はセックスを行わなくても性病に感染してしまう可能性があります。
例えばヘルペスなどは非常に感染力が強く、トイレの便座などから感染する可能性が0ではありません。また、女性にのみ症状があらわれる膣トリコモナスに関しては、原因となる原虫がかなりタフなので、お風呂やタオルからの感染も考えられます。
このように、感染力の強い性病はセックスの有無を問わずに感染する可能性があることを覚えておきましょう。
今紹介したもの以外にも、キスが原因でクラミジアに感染してしまうこともあるので、性病を患っている方との接触は気を付けた方が良いといえます。